しんぐう楽市楽座2014

平成26年3月9日に8回目となる『しんぐう楽市楽座』が行われました。

たつの市商工会青年部の主催事業ということで 同じ西播地区の各青年部も毎年このイベントに友情出店しています。

私たち宍粟市商工会青年部は、秋のもみじ祭りでも販売した“屁こき嫁の屁こき芋”(焼き芋)を常任メンバーに加え劇団四想の有志メンバーで出店しました。

準備物といえば“焼き芋機一式”と“安納芋”、釣銭に新聞紙くらい。

たったこれだけです。 他のブースの人たちに対して申し訳ないような気分です。しかしこの手軽なものが不思議と売れるんです。

 

この楽市楽座は食のイベントなので、午前11時30分からの2時間くらいが一番にぎわうのだと思うのですが“屁こき芋”は準備していた20kgが正午には完売。他のブースがバタバタしているのを横目にピーク時間を待たず撤収。そして午後1時までには会場をあとにしました。

 

今年度は天候にも非常に恵まれました。準備から撤収まで特に指示が無くてもたいへんスムーズで「これぞ宍粟の青年部」という運営だったと思います。

そしてこの出店が25年度青年部体制では実質最後のイベントでした。大成功だったと思います。この日、疲れることは一切ありませんでしたが、みなさんお疲れさまでした。

 

常任委員会 衣川幸文


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です