平成30年度兵庫県商工会青年部連合会 第24回主張発表大会・商人ネットワーク

先日西播大会にて優勝をしました主張発表大会と、商人ネットワークの県大会が7月18日、丹波市ポップアップホールにて開催されました。

結果は二人とも近畿大会出場にはなれませんでしたが、素晴らしい発表でした。

主張発表大会 宮辻弘学君より

今年度、青年部の主張発表大会に出場させて頂きました。
勢いでこの大役を受けてしまい、最初は不安しかありませんでした。
文章もあまり書いたこともない、人前でもすぐに上がってしまう私が本当にできるんだろうかと、思っていました。
しかし、これをやりきれば、自分もきっと成長できるはずだっと信じ込みやり切ろうと思いました。
テーマは、林業と青年部で学んだ事を発表させてもらいました。
どんどん衰退していく地域、でも一人一人が成長して、力をつけて地域全体を盛り上げていくというような内容でした。
西播大会が今年度は宍粟市で行われるという事で、絶対負けるわけには行かないと、かなりのプレッシャーがありましたが、なんとか県大会へのキップを手にすることができました。
県大会では準備不足で次へ進むことは出来ず、申し訳ありませんでしたが、大きな会場で、沢山の青年部員の方の前で自分の思いを喋ることができ、本当に貴重な経験をさせて頂きました。
平日にも関わらずわざわざたくさんの仲間も駆けつけて下さいました。
準備の段階から、西播大会、県大会と周りの人に応援して頂き、本当に青年部とは素晴らしい、地域最強の集まりだと実感しました。
本当にありがとうございました。

商人ネットワーク 尾崎弘一君より

第24回主張発表大会の商人ネットワークの西播大会と兵庫県大会に参加させていただきましたテレマン楽器の尾崎弘一と申します。
私が発表させていただきました商人ネットワークとは、自身の事業所のPRを内外に発信する部門で、今回、私が掲げたテーマは『宍粟市をオカリナの聖地に』でした。
私たちは10年前から地元のオカリナ愛好者の皆様とともに森の国オカリナフェスティバルを開催し、それと同時進行でオカリナに関する事業を全国的に展開してきました。
その結果、今では全国的に知られる「オカリナ専門店」に成長することができました。商人ネットワークの事業発表を通じて、私たちの事業のことを皆様に知っていただく良い機会になりました。
また、西播大会と兵庫県大会で舞台を同じくした発表者の皆様のユニーク発表を間近で聞くことができたことが私にとって何事にもかえがたい貴重な経験となりました。

一商売人として、そして宍粟市商工会青年部の代表として出場させていただき貴重な経験をさせて頂きましたことをこの場をお借りして御礼申し上げます。
また、発表にあたってたくさんの青年部の皆様や商工会の皆様にはアドバイスをいただきました。皆様のお力添え無しではあのような発表はできなかったと思います。本当にありがとうございました。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です