第30回山崎納涼夏祭り

2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!
※ギネス練習風景

8月13日(日)山崎納涼夏祭を開催しました。

ギネス世界記録に挑戦「最多人数による腕組み乾杯」
も1004人の記録を1029人で見事更新し
宍粟市が世界一になりました!!!!
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!

その後、福引大会、BBBB&バンブーリリーのライブを開催し
20時より雲一つない星空に1,300発の花火を揚げることができました。
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!
2017年8月13日に宍粟市山崎町で開催された「第30回山崎納涼夏祭り」のレポートです。「最多人数による腕組み乾杯」でギネス世界記録を達成しました!

翌朝の神戸新聞には一面にギネス達成の記事と動画を紹介いただき
心地よい達成感と共に皆で後片付けを行いました。
ギネス世界記録を更新した宍粟市山崎町での「腕組み乾杯」。集まった市民らは「家族の思い出になった」「町が盛り上がって最高」と喜び、企画した市商工会青年部も「これだけの人が呼び掛けに応えてくれた。この町を誇りに思う」と地域の結束力に感謝した。(1面参照) 催しは、地元の山崎納涼夏祭りが30回目を迎えた記念の企画。事前の申し込みで目標を超える1360人から応募があったが、この日、会場の揖保川河川敷には1042人が集まった。 午後1時に受け付けが始まると、住民らが続々と詰め掛けた。 同市山崎町の大黒さおりさん(46)は、同町内の実家で暮らす父親の健太郎さん(82)と母親の愛子さん(73)、姉の中井有里子さん(47)に声を掛け、4人で参加した。「乾杯なら高齢者でもできる。両親ともに病気を抱えているので、一家全員がそろう最後の思い出にしたい」と笑顔を見せた。 会場にはコーン標識で直線約100メートルの通路が設けられ、参加者は5列に並んで乾杯の手順などを練習。本番では、主催者の掛け声に合わせ、甘酒が入ったグラスで隣の人と乾杯し、右腕を組んで飲み干した。 この日は晴天で、熱中症とみられる症状でリタイアする人や、飲むのに失敗した人もいたが、何とか腕組みの輪は途切れずに成功。乾杯した人は1029人と認定され、公式認定員の岩下令さんが「新記録達成です!」と宣言すると、参加者は万歳して喜びを爆発させた。 友人ら6人と参加した河東小6年の衣笠詩織さん(11)は「暑くて大変だったけど、ギネスに挑戦したのは一生の思い出になりそう」と話していた。 ギネス世界記録を更新した宍粟市山崎町での「腕組み乾杯」。集まった市民らは「家族の思い出になった」「町が盛り上がって最高」と喜び、企画した市商工会青年部も「これだけの人が呼び掛けに応えてくれた。この町を誇りに思う」と地域の結束力に感謝した。(1面参照) 催しは、地元の山崎納涼夏祭りが30回目を迎えた記念の企画。事前の申し込みで目標を超える1360人から応募があったが、この日、会場の揖保川河川敷には1042人が集まった。 午後1時に受け付けが始まると、住民らが続々と詰め掛けた。 同市山崎町の大黒さおりさん(46)は、同町内の実家で暮らす父親の健太郎さん(82)と母親の愛子さん(73)、姉の中井有里子さん(47)に声を掛け、4人で参加した。「乾杯なら高齢者でもできる。両親ともに病気を抱えているので、一家全員がそろう最後の思い出にしたい」と笑顔を見せた。 会場にはコーン標識で直線約100メートルの通路が設けられ、参加者は5列に並んで乾杯の手順などを練習。本番では、主催者の掛け声に合わせ、甘酒が入ったグラスで隣の人と乾杯し、右腕を組んで飲み干した。 この日は晴天で、熱中症とみられる症状でリタイアする人や、飲むのに失敗した人もいたが、何とか腕組みの輪は途切れずに成功。乾杯した人は1029人と認定され、公式認定員の岩下令さんが「新記録達成です!」と宣言すると、参加者は万歳して喜びを爆発させた。 友人ら6人と参加した河東小6年の衣笠詩織さん(11)は「暑くて大変だったけど、ギネスに挑戦したのは一生の思い出になりそう」と話していた。

本当に暑い中ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です